高清水のこだわり 美味しい酒を造ることへの追求

トップページ >> 高清水のこだわり  >> ブログ  >>  2009年8月

ブログ

高清水蔵日記
2009年8月アーカイブ
和の酒倶楽部-2009年頒布会- 2009年8月28日

お陰様で今年で10回目になる頒布会

今年も美味しい限定醸造酒を用意いたしました。

 
10月お届け分は
「酒こまち造り」の純米酒とあまり聞きなれない「柱造り」

11月お届け分は
「花酵母造り」の本醸造酒と「純米吟醸造り」の純米大吟醸酒

12月お届け分は
「吟醸造り」の吟醸酒と「純米造り」の純米酒になっております。

2009頒布会

月々3,990円ですが
お値段以上の魅力的なお酒になっております。

締め切りは9月19日なのでお早めにお申し込みください。

実は私も毎年頒布会を楽しみにしています。
今年はどんな味のお酒なのか今から楽しみです

詳しくはこちらで確認してください。


 

山内杜氏酒造講習会 2009年8月12日

1年に1度行われている「山内杜氏酒造講習会」。

今年も山内にある「鶴ヶ池荘」で8月4日から7日までの4日間行われました。
当社からは3名が参加ししっかりと講習を受けてきたようです

その中で毎年
「山内杜氏組合自醸酒鑑評会」が行われています。

今年は出品が77点で11点が入賞でしたが、入賞酒と入賞を逃した酒の差は僅かで
どの出品酒も香りが高く、味がきれいで、整ったいいお酒だったそうです

その中で・・・

チェロと語りのコンサート 2009年8月 5日

先週のエレキ祭りに続き、8月2日は「チェロと語りのコンサート」を開催しました

出演してくださったのは、群馬交響楽団首席チェロ奏者の柳田耕治さん、耳を澄ます会ピアニストの佐藤滋さん、朗読グループ「ぬくもり」の谷京子さん、小川有子さん、福田良子さん。
陽ざしが強く蒸し暑い日でしたが続々とお客さまが集まり、先週のイベントと同様、満員御礼で開演を迎えました。 celloandstorytelling.jpg

竿燈まつりが始まりました! 2009年8月 4日

秋田の伝統的なお祭りのひとつ「竿燈まつり」が、今年も始まりました。

高清水は、地元の町内会「川尻本町(提灯の紋章は蕗の葉)」のスポンサーとして参加していて、10数名の社員が、差し手、囃子方で参加しています。地元の皆様と一緒に地元を盛り上げる、地酒メーカーらしい活動です。 なんと言っても、地元の人に愛飲され、育てられ、だんだん全国のお客様に飲んでいただけるようになったのですから

差し手があげる竿燈は、稲穂をかたどったものだと言われていて、提灯が46個、重さが50㎏以上あります。重要無形民俗文化財に指定されていて、青森のねぶた祭り、仙台の七夕まつりと並んで東北三大祭りの1つとなっています 差し手、囃子方ともに個々の技術が要求されるため、1ヶ月以上も前から、夜遅くまで練習を続けて本番に備えます