高清水のこだわり 美味しい酒を造ることへの追求

トップページ >> 高清水のこだわり  >> ブログ  >>  2016年3月

ブログ

高清水蔵日記
2016年3月アーカイブ
副部長の今宵 ちどりある記 vol.18 2016年3月30日

【副部長の今宵 ちどりある記 vol.18】今宵の一献は、仙台市青葉区国分町の「串揚専門 串正」さん。大好きなお店です。大魔神・佐々木をはじめ、宮城が生んだスターのサインが所狭しと飾られた名店は、親方に「もう食べられません!」と申告...

高清水さんの投稿 2016年3月30日
清酒『高清水』安心安全の壜詰工場 2016年3月28日

【清酒『高清水』安心安全の壜詰工場】4回に分けて紹介してきた「壜詰動画」でしたが、一つにまとめたものを「YouTube」にアップロードしました!高清水の壜詰工場は昭和45年に建設されてから40年以上経過しておりますが、平成20年に壜...

高清水さんの投稿 2016年3月28日
人気の焼鳥店です 2016年3月25日

【おひとり様いらっしゃ~い】第17回は、横浜・桜木町駅前の野毛にある「若竹弐」さん。創業が昭和27年の老舗焼鳥屋「若竹」の弐号店。店内はL字型のカウンター席とテーブル席が一つとこじんまりしており、いつもほぼ満席状態で賑わっている人気の焼...

高清水さんの投稿 2016年3月25日
先日のもっきり美人 2016年3月24日

昨日の「もっきり美人」は最近フリーアナウンサーとして独立、ますます活躍の場を広げている相場詩織さんでした。「秋田のお酒は静岡でも人気でした。春からは地元のレギュラー番組も決まり、こちらにいる時間も増えそうなので、秋田の美酒をいろいろ試し...

高清水さんの投稿 2016年3月24日
もっきりに口づけ vol.023 2016年3月23日

【もっきりに口づけ vol.023】春のサプライズもっきり!今回は「美人すぎる○○」として話題になった、あの方が緊急出演してくださいました!

高清水さんの投稿 2016年3月23日
雫採りの音色 2016年3月21日
蔵人のてしごと〜高清水の酒造り〜 2016年3月16日

【蔵人のてしごと〜高清水の酒造り〜】洗米から紹介してきた当シリーズも、今回が最終回。最後に訪れたのは、仕込みを終えた醪(もろみ)を圧縮機で清酒と酒粕に分離する上槽(搾り)の工程です。ここで他の誰よりも大きな声を出し、手際よく作業をこなし...

高清水さんの投稿 2016年3月16日
新橋駅の看板 2016年3月14日

1月に「新橋駅」で『デザート純吟』を宣伝し始めたばかりの看板でしたが、新しく「エスカレーター付の階段」に変更となり場所が少し変わる為、現在使用している階段も3月27日で使用できなくなります。残念ながらこの看板はわずか2ヶ月で撤去されることになってしまいました・・・「エスカレーター付の階段」に新たに看板を設置する予定ですので、新しくなりましたらまたよろしくお願いします!

高清水さんの投稿 2016年3月14日
2階「壜詰ラインエリア」 2016年3月11日

【壜詰動画・壜詰ラインエリア】酒蔵開放で放映していた動画の一部「壜詰ラインエリア」を紹介します。2階にある「壜詰ラインエリア」はお酒を壜に充填し、製品化を行っています。空壜内に異物が無いかを確認する「空壜検査機」、クリーンルーム...

高清水さんの投稿 2016年3月11日
副部長の今宵 ちどりある記 vol.17 2016年3月 9日

【副部長の今宵 ちどりある記 vol.17】今宵の一献は、仙台市青葉区国分町の「すすきの」さん。大好きなお店です。常禅寺通りに臨む味の名店は、新鮮な魚介類や山菜をはじめ、煮物、焼き物といった料理が豊富。お値段も小料理屋にしてはリーズ...

高清水さんの投稿 2016年3月9日
ニッポンを飲もう! 2016年3月 7日

【ニッポンを飲もう!日本の酒キャンペーン】東京国際空港(羽田)国際線ターミナル免税エリアキャンペーン特設ブースで開催されている「ニッポンを飲もう!日本の酒キャンペーン」で、3月9日(水)~3月22日(火)までの間、「高清水」の試飲を行う...

Posted by 高清水 on 2016年3月7日
1階「給壜エリア」 2016年3月 4日

【壜詰動画・給壜エリア】酒蔵開放で放映していた動画の一部「給壜エリア」を紹介します。1階にある「給壜エリア」は空壜を箱から取り出し洗壜を行っています。パレットから箱を解荷したり、箱から壜を取り出す「マルチバルク デパレタイザー・...

Posted by 高清水 on 2016年3月4日
「大吟醸」の袋吊り 2016年3月 4日

本日、午前5時。まだ外は暗く冷たい空気が張り詰めた仙人蔵で、今年最後となる「大吟醸」の袋吊りが始まった。蔵人の声だけが蔵に響き渡る。袋吊りの作業が進み、斗壜に少しずつ酒が満たされていく。斗壜に集められた雫採りの大吟醸を前に、杜氏が香りと味の確認をする・・・この緊張の瞬間は、後日ご紹介したいと思います。

Posted by 高清水 on 2016年3月3日
蔵人のてしごと〜高清水の酒造り〜 2016年3月 2日

【蔵人のてしごと〜高清水の酒造り〜】カコンカコンと乾いた音を響かせながら、一心不乱に櫂を動かしていたのは佐藤源一さん。今年で18年目になる熟練の蔵人。日本酒造りは、麹と酒母が揃うといよいよ佳境。酒母に麹・蒸米・水を加え、20日間以上かけ...

Posted by 高清水 on 2016年3月2日