高清水のこだわり 美味しい酒を造ることへの追求

トップページ >> 高清水のこだわり  >> ブログ  >>  2008年8月

ブログ

高清水蔵日記
2008年8月アーカイブ
エコな方を応援します。 2008年8月22日

少し前の話になりますが、見学に来られた団体のお客様に、いつものように販売をしていた時のこと。ご購入頂いた商品をビニール袋に入れてお渡ししようとした時、「袋いりません」と言う方がいらっしゃいました。

仙人蔵の夏祭り 2008年8月18日

竿燈まつりの余韻もさめきらない8月9日、第4回蔵酒会として「仙人蔵の夏祭り~チェロと語りのコンサート」を開催しました。

出演は、群馬交響楽団首席チェロ奏者である柳田耕治さん、耳を澄ます会ピアニストの佐藤滋さん、朗読グループぬくもり谷京子さん、小川有子さん、福田良子さん。

「夏祭り」だからと、ゆかたを着てお客様をお迎えした職員もいれば、試飲のお酒にも一工夫。「大吟醸生貯」「夏の純米」といった、冷やしておいしい夏向けのお酒を選び、半切桶というたらい状のものに氷を入れて冷やしたり、「梅まろや香」をシャーベット状にした試飲(試食!?)まで登場しました。

cello3.jpg

半切桶はこちら(写真は木製ですが、夏祭り当日使用したものは、金属性です)
http://www.takashimizu.co.jp/sennin/gallery/gallery.html

竿燈まつり 2008年8月11日

今年も無事終了しました。

まつり期間中のタイムリーな時に記事を書こうと思いつつ、だいぶ間が空いてしまいました。

というのも、会社の人が頑張っている素敵な姿を見ようと、だいぶ意気込んで会場に向かったのに
「もう少しで、高清水の演技場所」というところに来て演技終了のアナウンス・・・。

想像してみてください。普段、普通に会社で会っている人が半纏姿というだけでもいいのに、
50キロもある竿燈を揚げる姿・・・自然と鼻息も荒くなるってもんです

それを、見逃しました。

(楽しみにしていた分ショックは大きく、しばらく記事を書く気にはなれませんでした。)